FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ朝日系「林修の今でしょ!講座」出演後記

栄養学科 井澤 弘美

 1月8日に放送されたテレビ朝日系の番組「林修の今でしょ!講座」に出演しました。ご覧いただけましたか?内容は『リンゴの健康パワーを徹底解明!』という内容でした。本格的なテレビ出演は初めてで、最初の取材から収録そして放送当日までかなり濃厚な時間でした。

 最初の取材は昨年11月28日、これまでの自分の研究の一つであるリンゴの機能性に関して、電話で取材を受けました。翌29日に正式に出演依頼があり、その次の日も電話やメールにて繰り返し取材が続き、12月1日に上京して打ち合わせ、2日に収録でした。収録の日、楽屋に弁当が準備されていましたが、最終打ち合わせで食べる余裕もなく本番に向かいました。本番は緊張しながらも、出演者のタレントの方々のツッコミにも笑顔で返すことができ、何とか収録を終えました。

 この出演を通して特に気を使ったのは、科学的な根拠の裏づけ作業です。これはテレビ局側も私も同じです。テレビ局側で番組構成を考えるのですが、その内容に科学的根拠があるのかどうかを私に求めてきます。私も科学者としての視点で論文等を検索し、根拠が明示されているものをテレビ局側に紹介しました。そのため、取材を受けるたびに台本が何度も書き直されました。「科学的な根拠」の裏付け作業は放送日ギリギリまで続き、そして無事に放送されました。

 食品の栄養や健康への影響などをテレビなどで紹介する際は、裏付けとなる科学的な根拠がなければ、風評被害や健康被害が起きてしまう危険性があります。そのため、テレビ出演の緊張より、確かな情報を正しく伝えなければならないといった責任のほうが大きく感じられました。慌しかった年末年始でしたが、良い経験をしたと感じており、青森県のリンゴ産業に少しでも貢献できたのかなと思っています。

図1



スポンサーサイト

栄養学科 卒業研究発表会を開催しました

 2018年12月14日(金)、栄養学科第8期生(4年生)の卒業研究発表会が開催され、研究にご協力いただいた方をはじめ、1~3年生の後輩、教員など多くの方がご出席くださいました。
 例年と異なる会場での開催でしたが、いすを増設するほどの満員となりました。

図2 図3

 栄養学科では3年生後期から卒業研究がはじまります。各自が興味・関心のあるテーマを決め、約1年半の間、研究に取り組みます。8期生は、9つの研究室に分かれて研究に励んでいました。
 緊張した空気の中、発表会が始まりましたが、どの学生の発表も堂々としていました。

図4 図5

 会場では活発なディスカッションが行われ、フロアーからも積極的な質問がありました。
 最後に齋藤准教授から閉会の挨拶。
 どのテーマも興味深く、研究成果を十分に発揮した大変有意義な発表会となりました。

図6 図7

 4年間の大学生活も、残す大イベントは管理栄養士国家試験のみとなりました。
 目指せ!先輩未踏の合格率100%!!
 本番当日までさらに進化していきましょう!!

 栄養学科 森山磨理子

田子町立田子小学校での教職実践演習の学外授業 11月20日(火)

栄養学科 鹿内 彩子

 栄養教諭の免許取得のための教職課程科目「教職実践演習」の学外授業で、田子町立田子小学校で学外授業が実施されました。

 4年生は教育実習も終了し、本科目が教職課程最後のまとめの科目となります。

 学校のすぐ横には、特産のニンニク畑が広がる田子小学校。チーム学校として校長先生はじめ、教頭先生、学級担任の先生はじめ教職員の先生方、養護教諭、そして栄養教諭・学校栄養職員が一丸となり、子どもたちの「食」、地域との連携など含めた食育に取り組んでいます。昨年は文部科学省の実施する”食育の実践モデルを構築する“「つながる食育」の取り組みモデル校として全国17校のうちの一校として活動を繰り広げてきました。本学卒業生が臨時学校栄養職員として勤務しており、学級担任、養護教諭、栄養職員と連携した食育の授業も参観させていただくことができました。また、教頭先生や養護教諭の先生から講義をいただき、さまざまな素晴らしい取り組みを直接学びました。

図1


図2 図3


 当日は、田子のケーブルテレビも取材に訪れ、また、お昼には田子産の豚肉がたっぷり入った豚肉と野菜の炒め物、カルシウムたっぷりのかむかむサラダなど地元食材と工夫たっぷりの給食もみんなで一列に並び、小学生に戻ったような様子で、それぞれがお皿に盛り付けし試食させていただきました。とっても美味しかったです!

 田子小学校の先生方、お忙しい中本当にありがとうございました。

大学祭2018を開催しました!

 2018年10月6日(土)~7日(日)、本学の大学祭が開催されました。栄養学科ブースにもたくさんの方にお越しいただきました。

図1 図2

 ヘルスリテラシーとは、自分に合った健康情報を「探して・わかって・使えること」であり、青森県では「健やか力」と表現しています。大学祭では本学の全学科が「チーム健やか力」として集結し、学科別の催しを行いました。栄養学科では、「食育SAT(サッと)システム」による普段の食事の栄養バランスの測定を実施し、地域住民の多くの方にお越しいただきました。

図3 図4

 おかず味噌汁健やか力向上委員会では、具だくさんの味噌汁「おかず味噌汁」を提供しました。

図5 図6

 栄養学科4年生の「ガパオライス」は大好評だったようです。
図7 図8 図9


 今年度も多くの方にご来場いただき感謝しております。どうもありがとうございました。

公衆栄養インターンシップ@東北町

栄養学科では、3年生の希望者を対象に公衆栄養インターンシップを行っています。
今年度は、東北町で実施しています。

先日、介護予防を目的とした「ほがらか教室」に参加し、100歳体操を一緒にしました。

その後、健康教室を実施しました。健康教室では、高齢者が健康な生活を送るために、気を付けたいポイントについて、○×クイズも含め行いました。

図1 図2


参加者の暖かさを感じ、良い体験になりました。
今後も実習等で地域の方と直接触れ合っていきたいと思います。

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。