FC2ブログ

野菜を食べよう推進大会に参加しました!

栄養学科 吉岡美子

 青森県とJA全農あおもりの主催で青森県立保健大学講堂において「野菜を食べよう推進大会」が8月31日(日) 11:00~16:00の日程で開催されました。
 この大会では県内の関連団体や大学も参加し、野菜に関する情報を展示したり、体験コーナーで野菜の摂取向上に向け広く県民の皆様にアピールしました。
 また、講演(「時間栄養学から野菜の健康効果を考える~マスコミでは語られない食のウソ・ホント~」東北女子大学 家政学部長 加藤 秀夫先生)やトークショー(「健康は野菜から!」 東北女子大学 家政学部長 加藤 秀夫先生、野菜ソムリエ 上明戸 華恵 氏)もあり、地域の多くの方々が参加されました。 

 保健大栄養学科では食育SATシステムを使って「ふだんの食事をサット計算してみよう!」と、1食分の食事のバランスをみていただきました。多くの方々が体験して、野菜の不足や食べ過ぎを目でみて感じていただき、さらに栄養学科学生が結果の見方やアドバイスを行いました。バランスが良くなるまで何度も体験する方も多くみられ、地域の方々に日常の食事のとり方に関心を持っていただくことができました。
 今年は青森県の短命県返上の事業でのリーフレット製作のお手伝いなど、本学科の学生たちも少し関わらせていただくことができました。また、このようなイベントをとおして地域の方と直接触れ合う機会もあり、さまざまな経験を積んでいます。




体験した方の中から
「バランスの良い夕食メニューを目指して組み合わせ方」
   ・・・星5つ!すばらしいです。



「晩酌メニューのバランスを見た方」
   ・・・さすが、晩酌の時もバランスバッチリ



「ラーメン好きの昼食」
   ・・・汁を残しても塩分過剰です



 意識して食事を組み合わせることで、塩分の過剰摂取を防ぎ、バランスのよい食事になります。一方で、好きなものだけ選ぶと、食事のバランスは悪く、エネルギーや塩分の過剰摂取になってしまいます。日々の積み重ねが、健康生活への第一歩です。

カテゴリ
月別アーカイブ