FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森の寒さを乗り越えられる温かい郷土料理

栄養学科 米谷瑞紀

 10月に入り、青森はすでに朝晩の冷え込みが厳しい季節となってしまいました。そんな寒さを吹き飛ばすような、温かい青森の郷土料理をご紹介します。

         141009_1.jpg


 右上にありますのが青森県の郷土料理の『じゃっぱ汁』です。「じゃっぱ」というのは津軽弁で「雑把」という意味で、通常は魚を三枚におろした際に出る頭や内臓、身の付いた骨などの「粗(あら)」を指します。じゃっぱ汁は、ぶつ切りにした「じゃっぱ」を野菜などと共に煮込んだ汁物です。粗や肝から出る旨みがとても美味しく、栄養価も高く、体が温まります。隣の青森県産のお刺身もとても美味しかったです。
 また、他にも『けの汁』というものもあります。これは細かく刻んだたくさんの野菜(にんじん、大根、ごぼう、高野豆腐、わらびなど…)を煮込んだ汁物で、「粥の汁」に由来するとされていて、小正月の行事食として親しまれているそうです。私の実家は津軽地方の五所川原にありますが、毎年年末になると大量に作り、その頃は毎日食べています。

 郷土料理は地産地消にも繋がりますし、健康で環境にも良いですね。
 青森にはまだまだたくさんの海の幸、山の幸が使われた美味しい料理がたくさんあります!
 ぜひ青森へ足を運んで、美味しい料理を食べに来てみてはいかがでしょうか?
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。