FC2ブログ

特に受験生と保護者の方にみてほしい ~夜食今昔物語~

栄養学科 清水 亮

 私が大学受験をしたのはもう20年も前の話になります。深夜1、2時まで勉強する夜型スタイルで、お腹が空くと、夜中にゴソゴソ冷蔵庫を物色していましたが、たま~に作ってくれる母親の夜食がうれしかった記憶もあります。しかしながら、この夜食、心と体に元気が補える反面、最近では体に良くない面も言われています。夜間は、運動量が少なく、脂肪を蓄積しやすいことから、肥満の原因になったり、「夜食をとったせいか、何だか朝食は食べたくない・・・しかも、夜遅くまで勉強していたから眠いし、もう朝食はいらない!」といった朝食欠食の原因になりかねません。遅くても12時に寝る生活リズムで勉強をすると、夕飯後は食事をしなくても大丈夫なはずです。

 もし、勉強時間が足りない時は、少し早起きをして、勉強をする方が、頭が冴えて、勉強もはかどります。早朝にお腹がすく人は、バナナやリンゴジュース、おにぎりなどの軽食を摂るとよいでしょう。軽食をとって勉強をした後は、皆と一緒に朝食をとって、引き続き受験勉強に励むといったスタイルです。試験当日のスケジュールに合わせて、朝型スタイルを考えてみてはいかがでしょうか。

 親御さまの応援のもと、受験生の皆さんがこれまで頑張ってきた受験勉強が結実し、希望の大学に入れるよう、心から願っています。

        受験生モーリー&応援リンリン


カテゴリ
月別アーカイブ