FC2ブログ

青森県地域伝統食品の栄養成分分析のご紹介

栄養学科 乗鞍敏夫

 皆さん、保健大学には研究推進・知的財産センター(http://www.cprip-auhw.jp/index.html)があるのを知っていますか?僕は保健大学の研究推進・知的財産センターから支援(研究費)を頂いて、「青森県の地域伝統食品の栄養成分分析とデータベースの構築」という研究に取り組んでいます。今回のコラムでは、この研究について紹介させて頂きます。
 青森県の地域伝統食品とは、「都道府県の特徴を紹介するテレビ番組」や「B級グルメイベント」などで注目されている青森県のローカル食品です。このような食品は、食品成分表に収載されていませんので、栄養価計算をする際には“少し工夫”が必要です。僕の研究はこの“少しの工夫”に取り組んでいます。詳しくはこちらをご参照下さい。
青森県栄養士会HP_1青森県栄養士会HP_2
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 研究は“普遍的”かつ“適用範囲が広い”ものが理想だと思います。もちろん、僕もそのような目標に向けた研究にも取り組んでいます。一方、この研究は、このモノサシで測ると価値は疑問視?です。しかし、限られた地域においては、きっと役に立つ研究だと思っています。

P.S.
 大学教員の仕事は、授業だけではなく、研究活動・地域活動・社会貢献活動も頑張っています。
 大学教員の仕事は、Research Mapというサイトの研究者検索で調べることができます。
 参考URL:Research Map 乗鞍 敏夫 http://researchmap.jp/toshio_norikura

 
カテゴリ
月別アーカイブ